ブログ | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ 

2023年 1月 29日 高校2年生!共通テストまであと、、、 ~宮川~

こんにちは!鶴見校担任助手3年の宮川です!

最近寒くないですか。寒いんですが。ええ。

家では暖房やヒーターつけないと生きていけないです。

僕は末端冷え性な節があるので寝るときも靴下をはいて寝ています。

皆さんも風邪ひかないように~

 

て、ことで今日は完全に高校2年生向けの内容です。

さて高校2年生の皆さん。2つ問題です。

① 共通テスト本番まで残り何日でしょうか?

② 本番まで共通型模試は残り何回あるでしょう?

 

ちくたくちくたく……

 

では答え合わせです。

① 残り348日です(1月29日時点)

時間は、ない、です。

ちなみに週に直すとあと49週間です。

あと49回日曜日を迎えたら本番ですよ。

② 残り6回(本番除く)です

ちなみに4月・8月・12月の模試の成績で現実的なラインが見えてきます。

 

、、やばくね?と思ったそこのあなた!

早めにスタートを切りましょう!

東進では招待講習を行っております。

いつでもお待ちしておりますね。

↓↓↓新年度特別招待講習↓↓↓

2023年 1月 28日 この時期から春休みにかけてやっておきたいこと~酒井~

こんにちは、担任助手の酒井です。暦の上ではもうすぐ春ですが、やはりこの時期からが冬の本番という感じですね。体感でも年明けより寒いと感じますし、氷点下を下回った夜もありました。寒いと体調を崩しやすくなるのはもちろんですが、ケガもしやすくなるので気をつけてくださいね。

さて、今日は学年が上がるまで残り約2か月ということで、学年が切り替わるまでにやっておきたいことを紹介しようと思います。

先ずは高1です。

高1の間に最低限やっておきたいことは、英単語、古文単語、そして数Ⅰを固めておくことです。これらは固めて置かないと高2で授業についていくのに苦労する、又は高3になっても模試や学校の成績が伸びないということに繋がります。英語、古文、数学の根幹に当たるわけですからね。

高2は、上記で述べた高1の範囲が終わってないなら当然それをやるのと、それに加えて英熟語、英文法、古文の助動詞等の文法、数Ⅱ、そして理社で今年触れた受験で使う予定の科目です。可能なら英語の構文も押さえておきたいところです。高3になったら基本的に応用演習に入っていくことになると思うので、高2のうちに基本はすべて押さえておきましょう。

以上の事を意識して春休みまでのやるべきことを考えてみてください!固まっているかを確認する方法の1つに期末試験がありますね。そこでコース順位又はクラス・学年順位で上位半分以上には入れるよう頑張りましょう!

もしやることが多すぎて先程述べたことが全部できないという人がいましたら、東進では「新年度特別招待講習」というもので5回の授業で単元を学習するということが可能ですので1つ活用してみてはいかがでしょうか?

2023年 1月 27日 体調大事に…~深澤~

こんにちは、最近一気に冷え込んできましたね。

関西の方では積雪もあったようで、電車が遅延したりしていましたね。

そんな寒さも厳しい時期にあるのが受験です。

体調管理の方は大丈夫ですか?

みなさんは勉強はもちろん体調管理も確実に行っていく必要があります。

ただでさえ緊張しているのにそこに体調不良が重なるのは好ましい状況ではありません!

特に直前期は1日1日の重みが今まで以上になります。無理をして体調をくずしてしまい寝込んで受験出来なくなってしまう可能性も考えると勉強と同じくらい大事になってくるかもしれませんね。

 

自分の体調と向き合い、コントロールするためにも以下のことは最低限気を付けましょう!

 

①手洗い・うがいなどの予防

→みなさん習慣づいていますか?1日も欠かさず行うことが大切です。インフルエンザもコロナウイルスもしっかり防ぎましょう。

 

②食事はしっかりとる!

→受験生は激しい運動や日常的に動くことも減り、食べたら太る・・・と気にしてしまいがち。

ですが、食べなさすぎは禁物です!

食べないと体も冷えやすくなり、栄養が足りてないと十分に集中できません。栄養バランスも考えて食事をとりましょうね。

 

③睡眠も6時間以上は確実に確保しましょう

→深夜になると急に勉強がはかどるタイプの人がよくいますが、次の日への影響や、体調のことをしっかり考えましょう。受験は午前中に実施されることが多いので遅くとも12時には就寝する習慣を付けられると良いですね。

体調管理も受験のうちと言われます、当日100%の力が出せるように体調にも気を付けて受験を乗り切ってくださいね!

 

 

2023年 1月 26日 模試を受ける意義とは ~坂本~

お久しぶりなような気がします、坂本です

昨日死ぬほど寒かったですね…みなさん風邪など大丈夫でしょうか、、?体調には気をつけてくださいね

 

それではつい最近共通テスト同日体験模試があったので本日は模試を受ける意義についてお話ししようと思います

皆さん模試を受ける意義ってなんだとおもいますか?

自分の成績を知るって答える人が多いと思うんですけど東進では3つの意義があると言われています。

まず一つ目は

see 知る

今自分の現状を知るですね、これは多分皆さんよく知っていると思います

 

二つ目は

plan  計画をする

これは今自分の成績をみてどうしたら第一志望校に受かるか計画をすることです

 

では3つめ

do 実行する

計画を立てても実行をしないと意味がありません。

 

これが模試を受ける意義です。こう見ると模試を受けるだけで終わってはいけないと思えると思います。

そこでじつは東進ではいま新年度招待講習というものをやっております!

模試で成績があまり良くなかったって感じてる人、もっと伸ばしたい人は是非この機会に申し込んでみてください!

お待ちしております!!

 

 

 

2023年 1月 25日 今何が必要か?~松本~

こんにちは、担任助手の松本です。ご機嫌いかがですか?

急に寒いですね、昨日の夜驚愕の0℃でした!!

布団から出られませんね。

さて今日は今自分に必要なことがちゃんとできているのか話していきます。

 

前のブログでは私大・国公立はどのような動きをするのが良いのか話しました。

そこを経て、今自分に必要なことができているのか自分に聴いてみてください。

本当に今やるべきことなのか、苦手から逃げてないか今一度考えてみましょう。

私の受験経験を踏まえ、今やるべきことを考えてみると

「苦手科目のつぶし」「問題傾向の再確認」であるかなと思います。

苦手科目逃げてませんか?

苦手分野こそ入試に出るのが世の常であり、苦手と分かっているのなら

尚更今潰しておいた方が楽ですね~

逆に落としてはいけないところだったらかなり危険を冒すことになるので

早めにやりましょう。

過去問で問題傾向は把握していると思います。

しかし、沢山私立を受けるとなるとごっちゃになる人はたま~にいます。

抑えでも五年ぐらいはやると思いますので、ちゃんと対策をするように!!

第一志望とかは特にですね!

 

どうでしょうか? どれも私の観点ですので、必要ない人もいなくはないと思います。

それは勿論人によって必要なことは変わってくるのであくまで参考程度に

今自分がやっている勉強が正しいのか、何かから逃げていないか

改めて考え、実行しましょう。

そんな人はきっと報われます。一緒に頑張りましょう!