ブログ | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ 2021年08月の記事一覧

2021年 8月 31日 夏休み、やり切ることが出来ましたか?

こんにちは!鶴見校担任助手の渡辺です!

 

いよいよ8月が終わりますね。まだまだ暑いですが、最近の空模様は少しずつ秋の訪れを感じさせます。皆さんは後悔の残らないように過ごすことが出来ましたか?

 

さて、この夏は高校3年生にとっては言うまでもないですが、高校2年生にとっても非常に大事な夏でした。校舎でも担任助手からよく言われたと思います。

 

でもなんだかんだ、「受験なんてまだ1年以上先だし、今はまだ遊んでいたい」「部活を引退してから勉強はじめれば十分」などと思って十分に勉強をしなかった人、いると思います。

 

大学受験はそんなに甘いものではありません

 

東進のスケジュールでは高校3年生の6月末には基本的なインプット(受講)は終了してその後は基本的に過去問や演習問題を解くことになります。

 

具体的には7月から共通テスト、8月から第一志望校の過去問、9月からは志望校別単元ジャンル別演習(苦手つぶしのための総復習)、併願校過去問、第一志望校対策演習などずっと演習が続きます。1からインプットする暇は、実は3年生では3ヶ月しかありません。

 

統計的にも、難関国公立や早慶に合格する人ほど2年生の終わりまでに英語等の主要科目を完成させています。3年生になってから、主要科目を固める時間はありません。

 

夏を何となく過ごしてしまったそこのあなた!少しずつ取り返していくしかありません。毎日地道に勉強していきましょう!

 

2021年 8月 29日 志望校選び 【内部生・一般生向け】

こんにちは、担任助手2年の市川です。最近本当に少しだけ暑さが和らいできた気がします。

今日は志望校選びについて話していこうと思います。受験生も低学年の方も必見の内容ですよ!!!

特に受験生の方はこの時期から志望校選びを始めないと秋のたくさん勉強をしたい時期に大学調べに時間を取られてしまいます。今のうちにある程度志望校を決めておきましょう。

人によって重要視するポイントは違うと思いますが、私が思う意外と盲点だけど重要なポイントをご紹介します!

①アクセス

皆さん、調べていますか?かかる時間はもちろんですが、駅から大学まで歩きでいけるのか、バスを使わなくてはいけないのかなども重要なポイントだと思っています。

通学時間が長すぎると課題などに時間を割けなくなってしまう原因の一つになります。

②過去問

過去問にも矢張り相性があります。傾向が違う大学ばかり受けることになってしまうと対策が追いつきません…。

特に滑り止めは志望順位の高い大学と似た傾向、又はクセの無い問題の大学を受験することをおすすめします。

最低でも志望校決定の前に過去問を見るなり解くなりしてみて下さい。

(③留学)

留学を考えている方は多いのではないでしょうか。大学によって留学しやすいかそうでないかなども変わってくるので気になっている方はチェックするようにしましょう。

 

いかがでしたか。特にアクセスは4年間通い続けるという事も意識してみてください。

鶴見校では一日体験などをいつでも受け付けています。皆さんも受験に向けて走り出していきましょう!!!

2021年 8月 28日 【外部生】鶴見校夏休みイベント紹介

  8月も終わるとはいえ、まだまだ暑い日が続いています。今回は今年の夏に東進ハイスクール鶴見校で行った夏休みイベントについていくつか抜粋してお伝えします。

1、校舎スタンプラリー(全学年)

 全生徒にスタンプカードを用意し、毎朝8:30までに校舎に来た生徒に赤いシールを貼りました。毎朝登校する生徒のスタンプカードは見事に真っ赤です。

 

2、月間プラン表の作成(全学年)

 長い夏休みを何となく過ごしてしまわないように、一カ月の学習計画を担任助手と立てました。長期計画を意識したことで、校舎全体の努力量が上がりました。

 

3、ランクアップイベント(高1、高2生向け)

 鶴見校の担任助手が自分の大学や専攻についてパワーポイントを用いて生徒たちに説明しました。内部生だけでなく外部生も参加し、志望校を考えるきっかけとなったり、受験勉強に対するモチベーションが上がったりしていました。

 

4、志望理由書の作成(高1、高2生向け)

 自分の将来を見据えた志望校の決定のために、生徒に志望理由書を書いてもらいました。志望校が決まっている生徒はどうしてその大学でないとだめなのか、その大学に行くと何を得ることが出来るのかを書いてもらいました。志望校が決まっていない生徒は自分が興味あることは何か、自分は何が得意か、苦手かを書いてもらいました。言葉にすることで自分の考えが整理されて本当に行きたいと思える志望校選びのきっかけになりました。

 

 いかがでしたか?長期休みは学習時間が増える、成績アップのための大切な期間です。貴重な夏休みを何となく過ごしてしまわないように、生徒の頑張りを最大限引き出すための夏休みイベントの紹介でした。

2021年 8月 27日 この夏休みどう過ごした?【内部生向け】

こんにちは、担任助手1年の酒井です。もう8月も終わりますね。もう夏休みが終わって学校が始まっている生徒をちらほらみかけます。

さて、皆さんはこの夏休みどうでしたか?低学年の人にとっては受講を一気に進められる数少ない機会の一つで、受験生にとっては過去問演習を一気に進め、志望校別単元ジャンル演習講座開始に備えるための期間でした。

皆さんはこの夏やるべきことをやり遂げられましたか?特に受験生、共通テスト過去問と二次私大過去問はそれぞれ10年分終わりましたか?

「志望校別単元ジャンル演習講座が始まっても並行して進めていけば問題ないでしょ」とか「9月に入って過去問を終わらせてから志望校別単元ジャンル演習講座を始めればいいや」とか考えていませんよね?

僕の経験からして志望校別単元ジャンル演習講座はそう簡単に受講や過去問と並行して進められるものではありません。何せ志望校別単元ジャンル演習講座には確認テストのように得点率のボーダーが設けてあり、それを超えない限り永遠に単元を修了できません。しかも難易度は二次私大過去問とほとんど同レベルであり、それが人によって差はあれど何十問と出題されて来るのです。

これだけで志望校別単元ジャンル演習講座とそれ以外のことを並行して進める大変さが伝わってくると思います。

更に、志望校別単元ジャンル演習講座の後には第一志望校対策演習講座が控えているため、志望校別単元ジャンル演習講座にたくさん時間をかけられるというわけでもないのです。

つまり、志望校別単元ジャンル演習講座を修了するためには、今のうちに過去問を解き終わっておくことがベストなのです!

過去問が終わっていない受験生の皆さん、8月も残すところあと4日です。9月から志望校別単元ジャンル演習講座に集中するためにもこの4日で出来るだけ過去問を進めておきましょう!

 

2021年 8月 26日 過去問演習を最大限活かしたい!【内部生・外部生向け】

おはようございます。鶴見校担任助手の丸山です。

8月の勉強のゴールとして努力してきた模試も終わり、

満足のいく結果を残せた人も後悔が残った人もいると思います。

それぞれ反省する所は反省し、新たな目標に向かって進み始められたでしょうか?

童話『うさぎとかめ』にもあるように、最終的にゴールにたどりついた人が勝ちです。

油断せず、諦めず努力すれば絶対にどこかで報われるタイミングが来るので頑張りましょう!

 

さて、本日の本題に移りますが、

皆さん過去問演習は順調に進んでいますか?

順調と一口に言っても進捗状況、成績の向上二つの面があると思います。

本日は過去問は解いてるけどなぜか模試の結果が伸びなかった

そんな人に向けた内容です。

まずズバリ過去問で点数が伸びない人の特徴

問題の復習をしているだけ

言い換えると問題集をやっているのと変わらないとも言えるかもしれません。

そんな人は少しでも多くの情報を次の演習に生かすことを意識しましょう。

 

もう少し噛み砕いてみます。

過去問を解く目的は主に2つあります。

1つ目に 試験の傾向を知り対策を立てること

2つ目に 自分の苦手を知り受験科目の基礎を固めきること

です。

これを意識すれば、過去問演習を通してかなり点数が上がった感覚を持つことができるでしょう。

 

では実際に何をすれば良いのか。

 

~試験の傾向を知り対策を立てる~

大問ごとに何が聞かれるか・大問ごとにかける時間・分からなかった時に見切りをつけるライン

この中のどれか一つでもすぐ答えられない人はすぐ考えましょう。

その他にも問題を解く順番や試験前に確認することリストを考えている人もいました。

 

~自分の苦手分野を知り受験科目の基礎を固めきる~

これも意外と落とし穴。

共通テストの過去問が終わった時点で一通り基礎の穴はなくしておきたいのに

同じ問題が出ることなんて絶対無いのに

その問題の復習だけして次の年の演習に移ってしまう人がいます。

問題で聞かれていないとしても、周辺知識で不安なことがあるのなら復習しましょう。

 

と言うことで長々と書いてきましたが、もう一度言うと重要なのは

少しでも多くの情報を次の演習に生かすこと

考えて復習することです!!

それでは皆さんの今後の大躍進を楽しみにしています!!!