まだ志望校が決まっていない生徒へ~丸山~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 6日 まだ志望校が決まっていない生徒へ~丸山~

こんにちは。鶴見校担任助手の丸山です!

受験生のみなさん、志望校はもう決まりましたか?高1、2の人もまだ決めるのは早いかなと思っている人はいませんか?

ということで今回は、志望校を早く決めることのメリットデメリットについて話していきたいと思います。

僕の考えるメリット、デメリットは次の通りです。

[メリット]

・早く目標が決まると受験勉強開始が早くなる。

・必要があれば志望校を上げたり下げたりしやすい。

・(勉強を志望校に必要な科目に絞れる。)

[デメリット]

・自分のやりたいことをしっかり考える前に選択肢が絞られてしまう。

・(まんべんなく勉強している人に対して、科目を絞った後に増やすのはかなり大変。)

こう見ると、勉強面ではメリットが志望を考える面ではデメリットがあることが分かりますね。

ここで結論を先に挟むと、僕は志望校は早めに具体的に言うと高2の中盤くらいまでに決めるのが良いと思います。これは、この時期に勉強を始めれば努力次第でどんな大学でも狙える時期に該当しています。

たしかに本当にやりたいことを探すことは大切です。ですが、考える時間が長すぎてせっかく見つけたやりたいことが出来る大学に受からなくては元も子もないですよね。それならいつ決まるか分からない志望を見つけるまで待つよりは、志望校をきめて勉強を始めておいてやりたいことが見つかったなら志望校を変えてもいいんじゃないでしょうか!

受験生の皆さん。時間ほど後になってほしくなるものはないですよ。後悔の無い受験勉強を!