芸術系大学 ~市川~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

2020年 10月 29日 芸術系大学 ~市川~

こんにちは、担任助手一年の市川です!最近寒暖差が激しいので着るものに困ってます…。

さて、今日はいつもとちょっと違うことをお話しようと思います。

ズバリ、芸術系大学についてです!

実は私の姉(現在社会人)は音大卒で、私の友人にも美大や音大に通っている人が多いです。かくいう私も音大と普通の大学で悩んでいた時期がありました。

今、このブログを読んでいる人の中には芸術系大学と普通の大学とで迷っている人もいるのではないでしょうか。

私の姉、そして友人の話をもとに、私が思う芸術系大学のメリットデメリット、そして勉強についてをお話ししようと思います。

 

まず、メリット一つ目は

①自分の好きなことを学べる

これはどの大学でも同じですが、自分の好きなことを学べるというのは大学生の特権であり、特に芸術系は実技が多く専門性が高いためここでしか受けられない授業ばかりです。もし、将来芸術に関係ない仕事をするにしても好きなことをとことんやりきってから就職する人も多くいますよ!

 

②人脈が作れる

芸術の世界で生きていきたい人にとって人脈は喉から手が出るほど欲しいものです。

 

そして、デメリットが

①就活に不利!

芸術系大学に行って就活する人が少ないため、まず大学自体のサポートが十分でないところが多いです。また、芸術系大学卒を評価してくれている大学がある一方、厳しい話、芸術系大学というだけで落とされることも多々あります…。

②学費が高い

学費が高いため多くの学生が奨学金を借りています…。そのため、バイト漬けになってしまう学生も多くいるみたいです。

 

勉強についてですが、結局芸術系に行くにしても受験で普通の勉強は必要です。特に共通テストを対策しておくと共通テスト利用型入試を使うことが出来るため、共通テストから実技・二次試験までの間、そのことだけに集中できます。なので、どちらの道に進むとしても今のうちから勉強を頑張っておいて損はありませんよ!

 

芸術系大学でもふつうの大学でもできることできないことはそれぞれありますし、逆にふつうの大学に行って芸術の道で素晴らしい結果を残している方もいらっしゃいます。

一度きりの人生、悔いが残らない選択をしてくださいね。