秋以降の勉強~熊坂~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 29日 秋以降の勉強~熊坂~

こんにちは!担任助手3年の熊坂です!

本日のテーマは秋以降の勉強について書きたいと思います!

皆さんは夏休み全力で勉強できましたか?

コロナウイルスの影響で例年に比べ夏休みが短かったため、気がついたら秋になってしまった…なんて人もいるのではないでしょうか

しかし夏というのはとても重要なもの。基礎を中心とした勉強から二次私大向けの演習へと移行し始める大切な期間です。

とはいっても基礎を固めていないのに記述演習などをしても点数が上がらないのは目に見えています。

だからこそ夏休みは受験生にとって大切な期間でした。

では、夏休みあんまり頑張れなかった…なんて人はどうすればいいでしょうか

答えは単純です!頑張れなかった分努力すれば良いだけです!

しかしただ努力すれば良いというわけではないので、最低限気をつけてほしいことがあります

1つ目は、適当に勉強しない

当たり前のことですが適当に勉強している人はかなりの数いると思います。

ここで言う適当とは、自分が今何の勉強をするべきか、どうしてその勉強をするのか、といった計画なしに勉強している状態です

自分が今受けている講座は何の点数を上げたくて受けているのか、使っている参考書は適切なのかを常に考えて勉強することが必要です

2つ目は、焦らない

受験が迫ってくると、過去問10年分まだ終わっていない…共通テストで使うのに倫理政治経済まだ始めていない…

といった焦りを感じるようになります。自分自身もそうでした。

ですがそこで焦りを感じてしまうと、ノルマをこなすことが目標になってしまい、そもそもどうしてそのノルマを設定したのかということが全くフォーカスされなくなります。

その結果、過去問10年やったのに点数がまったく伸びない…といった事態が起きてさらに自信を失いかねません。

ですから何が言いたいかというと、焦らずノルマをこなす過程にこだわってほしいということです。

ただこなすだけでなく計画性を持ってしっかりと復習をする。その上で目標を達成することにこだわってください。

これからは瞬く間に時間が過ぎていくと思います。1日も無駄にすることなく後悔のない受験生活にしてください!!