疲れたときのリフレッシュ方法~堀口~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 15日 疲れたときのリフレッシュ方法~堀口~

こんにちは!今月2回目の登場、堀口です。

11月ももう半ばになり寒くなってきましたね。体調管理はしっかりとしましょう!!

 

今日のブログのテーマは「勉強に疲れた時のリフレッシュ方法」です。

受験生になると多いとき、10時間以上は机に向かっていると思います。そうすると、だんだん眠くなってきたり、お腹が空いて来たり、スマホが気になってきたり等、校舎にいても、誘惑が多く感じられます…。わたしはその原因が【疲れ】にあると考えています。疲れがたまると集中できず、注意力が散漫してしまいますよね。

そんな時に私がやっていたリフレッシュ方法をいくつか紹介させていただきます。

 

1つ目は音楽を聞くことです

自分のお気に入りの曲を5~10分ほど聞いていました。わたしは、高校生のとき吹奏楽部だったので、高昌帥さんの「アッフェローチェ」など吹奏楽曲を聞いていました。

ただ、受講席や自習室で聞く時は、音漏れに十分注意してくださいね。

 

2つ目は温かい飲み物を飲むことです

わたしは、暑い寒いに関わらず、何か温かい飲み物を飲むと決まって、「ほっ」と力が抜ける感じがします。なのでずーっと集中し続けて疲れた時には温かい飲み物を飲んで「ほっ」とし、気合を入れ直して勉強に取り組んでいました。毎朝家族が温かい緑茶を水筒にいれて用意してくれていたので、それをよく飲んでいました。もちろん本番も持って行きましたよ(^^)

 

以上、私がリフレッシュをするためにしていたことです。皆さんもセンター試験までの残された64日を有効に使いましょう!!