東進のグループミーティング制度とは?!~秋吉~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2019年 2月 1日 東進のグループミーティング制度とは?!~秋吉~

みなさん、こんにちは!鶴見校担任助手の秋吉です。

 

現在、東進ハイスクールでは新年度特別招待講習を実施しております。そこで!今回は東進生じゃなく、今こうやって東進に興味を持ち、ブログをみてくださっている生徒さんにグループミーティング制度の魅力について発信させていただきます☆

 

◇グループミーティング制度とは!?◇

週に一回3~6人程度で集まり、一回30分ミーティングを行います。

1グループにつき1人の担任助手が付き、

・今後1週間の勉強計画を管理・修正

・一週間の学習内容を振り返り、生徒同士で共有してもらう

・校舎内のホームルームなどのイベントの告知

・担任助手からの話

・生徒同士でのディスカッション などなど、、、

グループミーティングで行う内容はそれぞれの校舎の各担任助手ごとに多少の違いはありますが、基本的にはこういった内容です。

生徒にはどのような影響が?

 

私が一番、重要視しているのは、「生徒同士で学習内容を共有すること」です。私たちからも、頑張れ!毎日校舎にこよう!といったことも言っていますし、必要ですが、一番大切なのは生徒自身の心を生徒自身で変えるということです。私たちから言われるより、やはり同学年の子が頑張っている姿や、一生懸命取り組んでいる姿をみたときにそれに影響されて、自然とやる気を出してもらえる、というところです。

また、他にも担任助手の話は主に生徒のモチベーションを上げることを意識しており、高校生が知らないような知識を話す場となっています

 

私も実際に、生徒時代のグループミーティングの仲間とは今でも仲良くさせてもらっていますが、受験期は切磋琢磨し、勉強方法の共有や悩んでいることを相談したり、一人では得られなかったものが得られました。

 

ぜひ!興味がある方は、ただ今、新年度特別招待講習もやっておりますので、ぜひぜひ校舎の方にご連絡ください!