将来の夢~安藤~ | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 10月 3日 将来の夢~安藤~

 

こんにちは!三年生の安藤です!久しぶりのブログ登場です!

他の担任助手が将来の夢、目標について語っているので私も!!!!ということでお話します。

私は大学三年生なのでただいま就活真っ只中です。大学の専攻が環境、住宅についてなので不動産や住宅メーカーを中心にみています。

大事なのはなぜその業界を選んだのか自分が何をしたいか、ですよね

理由① 人の人生に密接に関わりたい!

「衣食住」は暮らす上で必要不可欠ですし、その中でも「住」という分野は新しい生活の始まりだったり、人生で一番大きな買い物になることもあるのでその人の人生で印象に残る瞬間だと思います。

担任助手をしていると生徒の大学受験という人生のターニングポイントに立ち会えるのでその経験も踏まえて、今度は様々な年代の人とと関わりたいな~とおもったのもあります。

理由② 既存のものから自分で創意工夫したい!(伝え方、ものづくりなど)

営業職、事務職、設計職いろいろありますが、営業職を例にあげて説明しますね。物件を紹介するにあたってただ「この家だったら条件にあってます!」「いい家です!」といって「じゃあ契約します!」とはならないですよね。ここに住むことによってどんな生活がおくれそうかイメージして伝え方を工夫したり、色々自分なりに調べて業務をする点にやりがいを感じました。あとは安い買い物ではないので「この人から買いたい」と思ってもらえるような信頼関係などが重要になってきます。人柄をみてもらえるのも素敵だと思ったポイントです。仲介や賃貸の営業職だけではなく、都市開発やリノベーションなども「よりよい生活ができるよう工夫を施す」点では同じなので企画や設計などもちょろちょろ見ています。

 

ザーッと思ったことを書いたので、少し不思議な文章になっているかもしれません。。

それっぽく書いていますが、こんな風に考えられたのも大学三年生になってからです。この担任助手の仕事と自分が志望している業界は全く違います。ですが、生徒や同じ担任助手とたくさん話した経験は私の将来を考えるうえでなくてはならない時間だったなとこうして書きながら思います。何が起こるかわからないものですね笑

自分でもこの道で正解なのかわかりません。この20年ちょっと生きてきてやりたいことなんて3~4年前とくらべたら大分違います。なのでこの先も自分がしたいことなんて変わってくるだろうな~とは思っていますが、少なくとも2,3年はこの業界で働きたいです。

とりあえずその時の自分の気持ちに正直に生きようと思います。