大事なのは模試「後」です! | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 6日 大事なのは模試「後」です!

みなさん、こんにちは!鶴見校担任助手の渡辺です!

11月に入って結構経ちましたが、いまだに日差しを避けたくなるくらい暑い時間がありますね。着るものに困ります。最近は外では大体常に暑がっているか寒がってます。皆さんは臨機応変に対応できる服装で外出するようにしましょう。

 

さて、明日はいよいよあれの日ですね・・・

そう、全国統一高校生テストです。

受験生は志望校決定のための、高校1、2年生には共通テスト同日体験受験に向けた大事な模試です。

この模試にむけて皆さん演習に励んできたと思います。

ですが、大事なのはこの模試後です!

というわけで本日は模試後の過ごし方を書きたいと思います。

 

〈模試当日の夜〉

ゆっくりしたい気持ちも分かります。人によっては約10時間会場に居ることもありますからね。ですが、差がつくのはココです。みんなが休んでいる=勉強時間がそのまま差になる という事です。

自己採点は勿論、一番出来なかった科目、手ごたえがあった科目、何でもいいので2時間は復習しましょう!(睡眠時間は確保しましょう。)

 

〈模試の次の日(11月8日)〉

とりあえず塾に来ましょう!結果によっては全て投げ出したくなってしまうかもしれません。が、ここでくじけていても合格が遠のくだけです。とりあえず来て、担任助手と話して、自分の状況を整理するようにして下さい。

そうして少しでも頭がクリアになったら、模試の復習を始めましょう。

・模試の復習について

×大問1からくまなく復習

その問題、本当に復習する必要がありますか?不安になる気持ちも分かりますが、もう分かっている問題を延々と復習してもしかたありません。参考書の該当ページを見直すことに留めるなど、時間の節約をしましょう。

×間違えた問題の確認で終わる

その問題の類題解けますか?間違えたという事は、ケアレスミスでなければ何かしらの理解が不足しているという事です。参考書や授業のテキストから類題を探して演習しましょう(だから模試の次の日は問題用紙以外にも参考書を持ってくることをオススメします)

〈その次の日〉

科目が多くても学校があってもここまでで復習は絶対に終了しましょう。定まった方針に従って普段の勉強に励んでください。

 

模試を120%活用することが合格への近道です。頑張りましょう!

 

復習の中で英語の学習方法に困ったら安河内先生の特別公開授業に参加してみましょう!

過去の記事