受験生に対して思うこと~安~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 3日 受験生に対して思うこと~安~

 

 

こんにちは、担任助手の安です。

 

いやー、もう6月なんて早いですね。

あと、1カ月で受験の天王山の夏休みですね!

 

突然ですが、受験生の皆さん、現在受験勉強に本気で取り組んでいるでしょうか。

 

今年度、受験する高3生は「浪人できない世代」と言われているのは御存じだとは思います。

 

なぜなら、今の高2生からは、現行のセンター試験ではなく、記述やリスニングに比重の置かれた「新テスト」が導入され、また、英語の外部利用試験が頻繁に使われるようになり、入試が大きく変わるからです。

 

ですから、皆さんは、私立大学の定員の削減や上記の理由により、今まで合格してきた先輩以上の努力が必要とされます。

 

昨年度の入試でさえも第一志望ランクよりも2ランク下の大学に進学した生徒を多く見受けられました。今年度の入試では、その現象が高い確率で起こることが予想されます。

 

結果としてより「現役で第一志望に合格する」ことが重要になってきます。

(今までは、第一志望に合格出来なかったら、浪人という選択肢があったが、入試制度が変わるため、その選択肢にもリスクが生じているため)

 

しかし、今の受験生を見ていると焦りやもっと努力しなきゃという向上心が私が受験した時(2年前)と比べると劣っているように感じます。(要は努力量が足りない)

 

量か質かという議論をしている人がいますが、結局は「どちらも大事」なんです。けれども、質というのは量をこなしていく中で身に付くと私は考えているので、最終的には量に帰着すると思います。

 

その、量でさえもまともにできなかったら、高校や予備校の費用を出していただいている親御さんに対して失礼だとは思いませんか?

 

だからと言って、「受験は親の為にするもの」ではありません。ただ、受験に対して、精神面や生活面、金銭面で支えてもらって頂いており、大学に入学してからも学費を払うのは、大抵は親御さんだと思います。

その恩を仇で返すのではなく、「第一志望現役合格」という形で返すためにも全国の受験生には日々精進してほしいと思います。(その恩を仇で返すような人は成功しないと思いますし、そう思いたいです。)

 

以上、最近思った、私の独り言でした。

一応、今の時期の私のスケジュールを載せておきます。