勉強中の気分転換について | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2021年 10月 16日 勉強中の気分転換について

段々気温が下がって冬が近づいてきましたね。今日は個人的に役に立った勉強中の気分転換の方法についてお伝えします。

①音読

 ずっと黙って勉強していると気が滅入ってしまうものです。

 私のオススメは、単語帳などの短めの例文を読むことです。特に、この時期は過去問演習などアウトプットが中心になり、英単語などのインプットに時間を割くのは難しくなってきます。例文の音読はリフレッシュにもなりますし、英単語や古文単語などの基礎知識の確認にも役立ちますよ!

 

②散歩

 スマートフォンなどで気分転換をすると、なかなか勉強に戻れない…という人もいるのではないのでしょうか。体を動かすことは良いリフレッシュになりますし、スマートフォンのようにズルズル休憩が長引くことも少ないのでおすすめです。私はリフレッシュしながらも勉強しておかないと不安でたまらなかったので(笑)散歩しながらリスニングの音声や、自分で倫理政経の教科書を音読して、それを録音した音声を聞いていました。

 

 いかがでしたか?リフレッシュは短い時間で効果のある方法を取るようにしましょう!勉強法同様、自分なりのリフレッシュ法を確立してくださいね。

 東進ハイスクール鶴見校では、12月10日(金)「名人たちの特別公開授業」を行います。講師は安河内哲也先生!東進が誇る実力講師陣の一人です。安河内先生の授業を生で見られる貴重な機会を見逃さないでください!

 参加無料・定員制なので、興味のある方はお早めにお申し込みください。

 

 

 

 

過去の記事