低学年に向けて一言~宮川~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2020年 7月 27日 低学年に向けて一言~宮川~

こんにちは!鶴見校担任助手一年の宮川です。

最近天気が変ですね… 突然雨が降ったりすぐ止んだりもう読めないです。何でも関東の梅雨明けは8月入ってからだとか…

さて話は変わって今日は低学年の頃からスタートする必要性を話します。

僕自身が高二の四月に入学してからほぼ毎日登校して毎日勉強していました。今考えると低学年からスタートしたのが功を期したと思っています。理由は二つあります。

まず当たり前のことですが低学年から始めると勉強に使える時間が圧倒的に増えます。なので部活をしているひとほど低学年から始めないといけません。今は部活で忙しいかもしれませんが、だからこそ早くスタートを切らないと使える時間がどんどん減っていきます

もう一つはいろんな大学学部を検討できるからです。「こんな学部に進みたいな~」とか「あの大学に行きたい」とか考えるにあたって受験に必要な科目はいったん勉強してみないと本当に使える科目かどうかわかりません。その検討を高三の夏にし始めたらどうなるか…

とにかく今高一高二の人は今から始めるに越した事は無いです!よく「早く始めると中だるみ期間が出来て良くない」という話を聞きますが、そんな悠長なこと言ってられるほど受験は甘くないです。是非この夏でギアを一つ上げてみては!?