センター試験同日体験模試~秋吉~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

2019年 1月 25日 センター試験同日体験模試~秋吉~

みなさん!1月19日、20日のセンター試験お疲れ様でした☆

 

受験生の中では「よかった!めっちゃできた!!」と言う人、または「いやー、やらかしたな。」、「全然できなくて焦った!!」と言った人も多くいると思います。

 

低学年のみなさんで東進のセンター試験同日体験模試を受験された方は、来年の本試験の緊張感を味わうことができたと同時に、この模試を受けたことによって新たな課題が浮上し、課題解決に向けて頑張り始めるきっかけとなったことと思います。

 

ここでセンター試験同日体験受験とはなんだ、、!?と思っている人に、簡単ではありますが、紹介したいと思います。

センター試験同日体験受験とは、毎年行われる大学入試センター試験当日に、低学年の生徒が受験生とまったく同じ問題に挑戦する模試です。

主な特徴として以下の3つがあげられます。

 

①センター試験の問題に受験生と「同じ日」にチャレンジ

受験生とまったく同じ日に受験して、同じ問題に挑戦し最新の大学入試を知り、現在の自分の実力を客観的に知る絶好のチャンスです。早期に受験勉強を始めるきっかけにもなります。

②理科・地歴公民も含む全教科が受験可能

センター試験同日体験受験は、英数国だけでなく理科・地歴公民の受験も可能です。主要科目の基礎固めが必須であることはもちろんですが、難関大合格のためには理科や地歴公民の早期完成も重要です。

③試験実施から中5日の成績スピード返却

従来の模試では、試験後から成績表返却まで3週間から1カ月もかかり、忘れたころに返ってくるのが当たり前でした。長い時間が空いては、受験結果を元にした復習も効果的に行えません。

 

 

このようにセンター試験同日体験受験を受けることで学べることも多いですし、使徒自身も成長できると思います。

今年のセンター試験同日体験受験はすでに終わってしまっていますが、もしこのホームページを見た新高2生、新高1生がいましたら、ぜひ!来年は受験するようにしてください!☆