模試の日のルーティンワーク紹介~小野~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 1日 模試の日のルーティンワーク紹介~小野~

担任助手1年小野です!お久しぶりですね~~!

寒い日が続きますね…みかんの食べたい季節です~(’v’*)

皆さん体調管理をしっかりして頑張っていきましょう!

今日のブログ内容は模試の日のルーティンワークになります。

数少ない模試の中で、ルーティンワークをしっかり作り、

落ち着いて挑み入試に備えていきましょう!

①前日は睡眠時間を6時間取る

私は受験勉強をしているうちに、自分がもっとも眠くならずに集中しやすい睡眠時間が6時間きっかりであることがわかったので、

それ以上にも以下にもならないように睡眠をとるようにしていました!

②会場に着くまではお気に入りの曲を聞いてリラックスする

ほんっっとうに私は緊張しやすく、模試だとは分かっていても、手が震えてなかなか文字が書けないこともありました。

最大限落ち着けるよう、自分なりのリラックス法は好きなアーティストの音楽を聴くことでした。

③会場には試験開始1時間前にはつけるようにする

これは会場になれる、とか、周りの雰囲気を意識する、や、お手洗いの場所を把握するという意味があり、とてもよかったルーティンだと思っています。

④昼食を事前に決めておく

どうしても食べすぎるとそのあとの試験で眠くなってしまっていたので…

梅のおにぎりと鳥五目のおにぎりと緑茶!と決めていました。眠くならないように自分で意識することも大切ですね…

⑤模試が終わったら模試当日と次の日、の2日間で復習をやりきる!

これが皆さんにもっともおすすめしたいルーティンになります。

模試では成績が思うように伸びなかったり、解ける!と思っていた問題が思うように解かなかったり、マイナスな面も多かったのですが、落ち込むのは2日間だけ!すぐに復習をやり、反省して、模試を本番に生かせるようにを意識していました。

「自己採点をすぐにしたくない。」「解けなかったと分かっている問題は復習をするのも嫌だ。」という気持ちもあるかと思いますが、内容が鮮明なうちにすぐに復習をすることは本当に良かったと思っています!

センター試験本番まで残り48日!ルーティンをしっかり意識してがんばっていきましょう!