伸び悩んでいる過去問との向き合い方~堀口~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 26日 伸び悩んでいる過去問との向き合い方~堀口~

こんにちは!担任助手の堀口です。も終わっていよいよ年末ですね。お部屋の掃除もですが、東進生のみなさんは確認テストや修了判定テストの掃除もしましょうね!笑 もちろん全てSSに!!


さて、今日のブログのテーマは「点数が伸び悩む過去問との向き合い方」です。

わたしはとにかく復習をたくさんすることです。

私の第一志望大学は私にとってかなり挑戦校でとても伸び悩みました。伸び悩んでいるとき過去問を解くとなかなか集中が出来なくなってしまうことはないですか?その状態で演習を繰り返していると、点数が伸びないことで悩んで不安だったはずが、そのうち過去問を解くこと自体が不安になってしまうこともあります。

ただ、受験生のみなさんはそのように悩んでいる時間は残されていないですよね。こんな時、私は間違えた問題の中で今の自分が必ず復習するべき優先順位を必ず決めてから取り組むようにしていました。この問題は自分のレベルに合っているのか、今優先すべきことは何なのか

時間も少なくなっていた時期だったので冷静に問題を分析して、自分が正解するべき問題とそうでない問題は必ず分けていました。

 

今年もあと5日。過去問だけでなく、日々の生活で携帯を見ている時間などなるべく優先順位を低くしましょう!!