この時期の模試の活用法 ~福久~ | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 11月 20日 この時期の模試の活用法 ~福久~

こんにちは!!お久しぶりの福久です。最近金欠でやばいです。交通費、ご飯代、気づいたら溶けていく…

本日、11月20日は有名難関大模試が行われております。今回の模試は出願校を決める上で貴重な材料となる、重要な模試です。皆さん手ごたえはどうでしたか??

今日はこの時期の模試の活用法について書いていきたいと思います。

秋から入試本番までのこの期間、東進模試だけでなく学校で受ける模試も多いですよね。私もこの時期毎週のように模試があり、「こんなに受ける必要があるのか」と思っていました(笑)  復習も追いついてこなくなりますよね…。しかし模試の復習は絶対に行うようにしましょう。自分に足りてない部分が何なのかを教えてくれるのは模試しかありません。

間違った問題全てに関して解き直しをしていると、当然時間が無くなり本来しなきゃいけない勉強がどんどん遅れいってしまいます。効率よく模試の復習をするためにはどうしたらよいのでしょうか??二つほど紹介していきます!!

 

①間違えた問題を分類して、優先順位をつける

問題を間違えてしまう理由にはいくつか種類があり、例えば「やったことあるけど忘れてしまった」、「基礎不足で単純にわからない」などです。前者であれば絶対に解き直しをしましょう。反復することで確実に次は解けるようになるはずです。後者の場合であれば、解き直しはあまり効果が無いかもしれないです。基礎が固まってない状態で模試の復習をしたとしても、その問題のみが解けるようになるだけで全体の点数は伸びません。基礎の勉強を最優先にして取り組むようにしましょう!!

 

➁模試受験中に復習を意識する

模試を受けている時から復習を意識して、問題を解くようにしましょう。「一応解けたけど、詳しくは分からない…」などあとでしっかりと見た方がいいと思うようなところにあらかじめ印をつけておくことで、後々見返した時どこから復習すればいいかが分かりますよ!!

 

復習はとても大事ですが、時間をかけすぎるのも禁物です。一つ一つの模試を最大限有効活用できるように、効率的な模試の活用法をみなさんも今一度考えてみてください!!

ではまた次のブログで!!(いつになるかはわかりません)