8月 | 2020 | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ 2020年08月の記事一覧

2020年 8月 31日 全校統一高校生テストの申し込み明日から!!

東進ハイスクール鶴見校では

10月25日(日)全国統一高校生テストを実施します!

全国統一高校生テストではみなさんを無料招待します!!!

この模試は共通テスト形式になっているので

共通テストの体験をしたい人だけではなく

まだ共通テストに慣れていない人、共通テストどのような形式か分からない人も!!!

ぜひ申し込みをして受験してみましょう!!!!!

申し込みは9月1日、明日から!!

2020年 8月 29日 秋以降の勉強~熊坂~

こんにちは!担任助手3年の熊坂です!

本日のテーマは秋以降の勉強について書きたいと思います!

皆さんは夏休み全力で勉強できましたか?

コロナウイルスの影響で例年に比べ夏休みが短かったため、気がついたら秋になってしまった…なんて人もいるのではないでしょうか

しかし夏というのはとても重要なもの。基礎を中心とした勉強から二次私大向けの演習へと移行し始める大切な期間です。

とはいっても基礎を固めていないのに記述演習などをしても点数が上がらないのは目に見えています。

だからこそ夏休みは受験生にとって大切な期間でした。

では、夏休みあんまり頑張れなかった…なんて人はどうすればいいでしょうか

答えは単純です!頑張れなかった分努力すれば良いだけです!

しかしただ努力すれば良いというわけではないので、最低限気をつけてほしいことがあります

1つ目は、適当に勉強しない

当たり前のことですが適当に勉強している人はかなりの数いると思います。

ここで言う適当とは、自分が今何の勉強をするべきか、どうしてその勉強をするのか、といった計画なしに勉強している状態です

自分が今受けている講座は何の点数を上げたくて受けているのか、使っている参考書は適切なのかを常に考えて勉強することが必要です

2つ目は、焦らない

受験が迫ってくると、過去問10年分まだ終わっていない…共通テストで使うのに倫理政治経済まだ始めていない…

といった焦りを感じるようになります。自分自身もそうでした。

ですがそこで焦りを感じてしまうと、ノルマをこなすことが目標になってしまい、そもそもどうしてそのノルマを設定したのかということが全くフォーカスされなくなります。

その結果、過去問10年やったのに点数がまったく伸びない…といった事態が起きてさらに自信を失いかねません。

ですから何が言いたいかというと、焦らずノルマをこなす過程にこだわってほしいということです。

ただこなすだけでなく計画性を持ってしっかりと復習をする。その上で目標を達成することにこだわってください。

これからは瞬く間に時間が過ぎていくと思います。1日も無駄にすることなく後悔のない受験生活にしてください!!

 

2020年 8月 28日 大学紹介~中棚~

 こんにちは!担任助手2年の中棚です!

今日は受験勉強の話…ではなく、私の大学紹介をしたいと思います。

 

私は現在青山学院大学に通っています。

青山学院大学は青山キャンパスと相模原キャンパスという2つのキャンパスに分かれています。

青山キャンパスには文系学部、相模原キャンパスには理系学部が多いです✐

青山キャンパスは渋谷や表参道に近いので、お昼は美味しいランチが食べられます…☺

(青学生は、空きコマにおしゃれなお店にランチに行くことを「おしゃラン」と言います)

 

ですが最近はオンライン授業で「おしゃラン」にも行けていません!!泣

ということで、私の前期の時間割をご紹介します。

なかなかギッシリですね…!

実は赤丸で囲った授業はすべて教育系の授業なんです!

当然のことかもしれませんが、教育学部なら教育の授業、経済学部なら経済学の授業が多いです。

つまり大学では学びたい分野を詳しく、徹底的に知ることができます。

だからこそ、大学選びや学部学科を知ることはとっても大切!!

 

低学年のみなさん!志望校が決まっていない皆さん!

自分がどんなことに興味があって、大学で何を学びたいのか、ぜひこの機会に考えてみてください。

そしてその夢に近づくためのスタートダッシュを切ってください!!

自分の可能性を広げよう!!

2020年 8月 27日 夏が終わります…~宮川~

こんにちは!鶴見校担任助手一年の宮川です。

もうすぐ九月ですが暑さが和らぐ感じがしませんねー。こんなご時世でもあるので皆さん体調管理をしっかりしましょう!特に受験生は早寝早起きを心がけて!

さてもうすぐ8月も終わるということで受験生は悔いのない夏にできましたか?過去問を解き進めたり受講を進めたり、なにかしらやってきたことはあると思います。たとえこの前の模試で結果が出なかったとしても、自分で意味を分かって解き進めたものには必ず何かしらの結果がついてくるはずです。なので模試の結果が出なかったとしても気を落とさずに!むしろここで気を落として勉強の手が緩む人とそうでない人は今後大きく差がついてきます!

今日が8/27なのでまだ九月まであと四日あります!(ちなみに共通テスト本番まであと140日です。)まだやれることはあるはずなのでやることをやりきって悔いのない夏にしましょう!

そして九月に入ったらいよいよ受験本番を意識した勉強が始まります。苦しくなるかもしれませんが気を引き締めて頑張っていきましょう!

2020年 8月 25日 模試の自己採点をしたら ~松田~

皆さんこんにちは!一年担任助手の松田です。

もうずいぶん前からなのですが、最近は本当に暑いですよね。7月涼しかったのは何だったのかと少々裏切られた気分になっています。

さて、今日のテーマは先日に引き続き模試についてです。皆さん模試の自己採点はもうしましたか。実際採点してみて、自分の思っていた点数と違う!!という人もいるのではないでしょうか。

夏あけの東進模試は難しいと評判なので、もしかしたらそういう人も多いのかもしれませんね。

そんな人に向けて、今日伝えさせていただきたいことは、大事なのは点数ではない!ということです。

前述の通り模試の難易度は時期によっても変化するし、模試で点数が取れても本番では取れないという人も多いです。そんな中で、点数に一喜一憂するのも大事ですが、より大切なことがあります。

それは”間違えたところはどこなのか”と”なぜ間違えたのか”を把握し、今後の勉強計画を立てることです。自分の弱点を埋めて、間違えてしまった問題、またその問題の類題まで完璧に解けるようになれれば、皆さんの学力はぐんと上がっているはずです!単純に自分の弱点が減っているのですから、受験でもよりいい結果が待っていることでしょう。

皆さんが今回の東進模試を、一喜一憂する為ではなく、自分の勉強方針を考えるために有効活用してくださればと思います。