オープンキャンパスの心得~太田~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2019年 8月 3日 オープンキャンパスの心得~太田~

こんにちは!担任助手2年の太田です。

連日暑い日が続きますね~

ようやく夏って感じがします☀

さて、8月に入り、各大学ではちょうどオープンキャンパスが行われています!

受験生はもちろん、高校1,2年生でも学校の課題としてオープンキャンパスに行く人も多いのではないかと思います。

そこでよくあるのが、「とりあえず行ってみたけど、人の多さに気圧されてよくわからなかった」ということです。

私がまさにそうだったのですが、高校3年生になってから、あれはもったいなかったな~と後悔しました。

オープンキャンパスを意味のあるものにするためには、「なぜ行くのか」を自分の中で明確にすることが大事だと思います。

受験生が参加する場合、その大学・学部を受けることは決めていて、モチベーションを上げるために行く人が多いと思います。

この時期は勉強の方が大事だと思うかもしれませんが、

今オープンキャンパスに行くことでこの夏もっと頑張れるかも!と考えると、行く価値は十分にあると思います!

また、行くまでの道のりを入試本番のシミュレーションだと意識すると良いでしょう。

反対に高校1,2年生であれば、なるべく多くの学校を見に行くことをおすすめします。

やはり受験生にもなれば勉強優先になり、オープンキャンパスに行く余裕は時間的にも精神的にもなくなってきます。

余裕のある高校1,2年生のうちは、いろんな大学のオープンキャンパスに行って、視野を広げてほしいです。

行ってみると良くも悪くも想像と違ったりして、その大学に通うイメージが湧いてきますよ!

これからオープンキャンパスに行く人はぜひ「なぜ行くのか」ということを意識してみてください☺

まだオープンキャンパスに行ってない人は忙しくても暇を縫ってオープンキャンパスに行くことを強くお勧めします!