校舎の様子 | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール鶴見校 校舎長 葉山 崇

 「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」が東進ハイスクールが目指すべき教育目標です。独立自尊とは親から独立し自分で稼ぎ生計を立て、自分の考えや行動に責任や信念、誇りを持つことであり、決して利己に陥ることなく身の回りを含めた社会全体、強いては世界全体に貢献したいという利他精神に溢れるリーダーとしての気質を持った人の事を指します。
鶴見校では未来をリードし日本を再興するリーダー候補である無限の可能性を秘めた高校生の皆さんに「明るさ・前向き・厳しく」をモットーに生徒指導に日々取り組んでいます。
大学受験とは将来の夢・目標に向けての中間目標である第一志望校合格に向け、共に高めあうライバル達と切磋琢磨し限界まで努力をすることの大切さを実感できる素晴らしい機会です。
是非、一緒に鶴見校で第一志望校合格を勝ち取りましょう。

鶴見校は鶴見駅西口から徒歩1分、バスターミナルからも近くアクセス抜群の便利な場所にあります。「優(優しく)・厳(厳しく)・真(真剣)・愛(愛情)」をモットーに生徒と共に喜び、時には本気で叱り、夢を語り合い、愛情を持って生徒ひとりひとりと本気で向き合う校舎を目指しています。生徒のモチベーションを上げるために、大学生の担任助手の手作りの掲示物も多く、それを見ながら友達同士で英単語の習得量や数学の演習量を競い合う光景も良く見られます。「毎日登校・毎日受講」が基本なので、いつの間にか他の高校の生徒とも共に受験勉強を乗り越える良きライバルとなり、大学進学後まで親交を深めるアットホームな雰囲気が自慢の校舎です。

担任助手の紹介

高橋 憲太郎 くん 東京大学 理科二類
私立浅野高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール鶴見校 OB
高橋 憲太郎くん 東京大学 理科二類
担任助手として一言
こんにちは!担任助手1年の高橋 憲太郎です。これを見てくれているということは少しでも東進鶴見校に興味を持ってくれたということですよね!鶴見校OBとしてとても嬉しいです。そんなあなたに鶴見校の良さをお伝えします。鶴見校は他の校舎と比べてもすごくアットホームな校舎です。毎日行くのも楽しみなほど暖かく迎えてくれます。受験直前期にこの雰囲気はとても心強いです。皆さんが楽しく登校できる校舎を目指して頑張りたいと思いますので宜しくお願いします!
太田 安美 さん 東京外国語大学 言語文化学部
私立鎌倉女学院高校 卒 ESS部 東進ハイスクール鶴見校 OG
太田 安美くん 東京外国語大学 言語文化学部
担任助手として一言
こんにちは!新担任助手の太田安美です。受験生活は勉強三昧というイメージがあるかと思いますが、学力以外にも得るものがたくさんあります。私の受験生活は自責の日々でしたが、後悔した後何をすべきなのか自分で考える力がつき、精神的に大きく成長することができたと感じています。そんな大事な時期を過ごすみなさんを、勉強面だけでなく、精神面でもサポートできるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。
小野 幸香 さん 東京理科大学 経営学部
私立山手学院高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール鶴見校 OG
小野 幸香さん 東京理科大学 経営学部
担任助手として一言
こんにちは!新担任助手、1年小野幸香です!はじめ模試等ではあまりいい成績、いい判定が出ることなく悔しい思いをしたこともありました。また鶴見校でできた友達やライバルに刺激され、地道に数ヶ月間勉強したのちやっと成績が上がるのが見え始め嬉しかったり、様々な思いを受験期に経験しました。結果として第一志望に合格することはできませんでしたが、落ち込んだ時や嬉しかった時側でずっと支えてくれた担任助手の方のように私も皆さんを精一杯サポートさせていただきます!よろしくお願いします!

→もっと見る

松岡 駿介 くん 東京大学 文科Ⅲ類
私立浅野高校 卒 ハンドボール部 東進ハイスクール鶴見校 OB
松岡 駿介 くん 東京大学 文科Ⅲ類
担任助手として一言
こんにちは!鶴見校担任助手の松岡駿介です!高校生活のうちになにかに本気で努力をすることはとても大切な経験となると思います。部活動や受験勉強に精を出した高校時代の経験は今でもとても貴重なものだったと感じています。そのなかでも、受験勉強は自分を大きく成長させてくれました。何か一つの物事に集中して取り組むという経験は人生の中でそう多くはないと思います。時には辛いときもありましたが、そこを乗り越えることによって新しい自分へと変わることが出来ると思います。私たち担任助手も精一杯サポートいたしますので、ぜひみなさんも将来の自分のやりたいことに向かって本気で努力してください!悔いのない高校生活を送りましょう!!
五十嵐 康之佑 くん 慶應義塾大学 理工学部
私立高輪高校 卒 軽音部 東進ハイスクール鶴見校 OB
五十嵐 康之佑くん 慶應義塾大学 理工学部
担任助手として一言
こんにちは!新担任助手の五十嵐です。皆さんは大学受験と聞いてどんなイメージを持ちますか?辛いというイメージを持つ方も多いと思います。実際に自分自身も努力をしても結果が思うように出ない辛さを味わいました。それでも地道な受験勉強に耐え、合格した時の思わず飛び上がってしまう様な感動を味わうことができたのは、東進で出会った切磋琢磨し合える仲間や支えてくださった担任助手の方々がいたからです。そして今度は皆さんにその感動を味わって貰えるように全力でサポートしていきたいと思いますので、宜しくお願いします。
安 航太朗 くん 慶應義塾大学 総合政策学部
私立青稜高校 卒 帰宅部 東進ハイスクール鶴見校 OB
安 航太朗くん 慶應義塾大学 総合政策学部
担任助手として一言
新担任助手の安です。皆さん、大学受験というものは努力すれば必ず報われると思っていないでしょうか。しかし、現実は違います。努力しても報われることもありますが、”必ず”というわけではありません。そこで、努力が報われるためにも、自分自身で考えて勉強する必要があります。「考えて勉強する」とは、夢・志はもちろん、勉強法であったり、弱点克服には何が必要なのかなどです。高校生のうちにこれを完璧に実行できる人は少ないと思います。そこで、我々担任助手が精一杯サポートしていきますので1年間一緒に頑張りましょう!
北村 篤 くん 東京理科大学 理学部
横浜市立桜丘高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール鶴見校 OB
北村 篤くん 東京理科大学 理学部
担任助手として一言
こんにちは。東進ハイスクール鶴見校の北村篤です。受験では勉強だけでなく様々なことが学べると僕は思っています。例えば、英語の長文を読めば英語の文に慣れるだけでなく面白い考え方や知識も学ぶことができます。また受験を通して、自分の親や先生などへの感謝の気持ちや、友達の存在の大きさなどたくさんのことに気づくことがありました。なので受験は勉強以外にも面白い知識や経験があって、楽しいと思います。我々担任助手が受験のサポートをするので精一杯受験を頑張ってください。
今村 誠一朗 くん 中央大学 理工学部
私立鶴見大学附属高校卒 吹奏楽部 東進ハイスクール鶴見校 OB
今村 誠一朗くん 中央大学 理工学部
担任助手として一言
こんにちは!鶴見校担任助手の今村です!皆さんは何か一生懸命に頑張っている事はありますか?もちろん受験勉強を頑張っていると思います。ですがそれ以外のことではどうでしょうか?僕は高校時代、勉強の他に部活も頑張っていました。部活はほぼ毎日あり、引退は高校3年の夏と遅く、とても辛い部活でしたが、その部活のおかげで、人と話す機会を増やすことができ、辛くても頑張れました!こうして担任助手の仕事につけたのも部活のおかげかもしれません!ぜひ皆さんも一生懸命に頑張れることを探してみてください!
堀口 はじめ くん 法政大学 文学部
横浜市立東高校卒 吹奏楽部 東進ハイスクール鶴見校 OB
堀口 はじめくん 中央大学 理工学部
担任助手として一言
こんにちは!新しく担任助手になる堀口はじめです。みなさんは受験勉強と聞いて何を思い浮かべますか。おそらくあまり良いイメージでは無いと思います。ですが、私は鶴見校の生徒として大学受験の期間を過ごして経験したことは、悪いことばかりではありませんでした。出来なかった事が出来るようになった時の達成感、受験を終えてやり切ったと思えた時などです。この達成感は自分の将来を考える時少なからず影響を与えると思います。このようにみなさんにとって大切な時期をサポートしたいと思っています!よろしくお願いします!
増井 駿 くん 成城大学 経済学部
私立青稜高校卒 ESS部 東進ハイスクール鶴見校 OB
増井 駿くん 成城大学 経済学部
担任助手として一言
こんにちは!新しく担任助手になりました増井駿です。皆さんは大学受験を人生のただの通過点だと思っていませんか?確かに、そのように思う人もいるかもしれません。しかし私は受験に対して悔いの残らぬように取り組んだことで、合格、不合格というものでは形容しがたい、これからの人生において生きる糧となるものを手に入れることができました!大学受験をただの通過点とするか、記憶に残る自分の芯を形成するものにするかはあなた次第です!勉強の面でも気持ちの面でも何かあればすぐに相談してください!1年間よろしくお願いします!
市丸 佳奈 さん 日本女子大学 人間社会学部
私立日本大学高校卒 バスケットボール部 東進ハイスクール鶴見校 OG
市丸 佳奈さん 日本女子大学 人間社会学部
担任助手として一言
こんにちは!鶴見校新担任助手の市丸佳奈です。私は3年生の春に受験を意識し始めるという、とても遅いスタートでした。第一志望校に合格することは出来ませんでしたが、鶴見校に入っていなければ、最後まで諦めずに受験勉強を続けることが出来なかったと思います。毎週あったグループミーティングで出来た友達は、受験期はもちろん、終わってからも集まる大切な仲間です。そんな最高な仲間たちと一緒に大学受験に挑んでみませんか?皆さんが後悔する事のない受験生活を送れるよう精一杯サポートさせて頂きます!よろしくお願いします!
秋吉 芙美 さん 大妻女子大学 比較文化学部
神奈川県立鶴見高等学校卒 帰宅部 東進ハイスクール鶴見校 OG
秋吉 芙美さん 大妻女子大学 比較文化学部
担任助手として一言
こんにちは!鶴見校担任助手の秋吉芙美です!人生の中で頑張っても結果が出ない時は誰にでもあると思います。しかし、私は「頑張る」という行為自体に意味があると考えています。今の私には受験での悔しい思いをバネにもう二度と負けたくないという熱い気持ちがあります。私にとって鶴見校で頑張った事が、人生でとても貴重な経験となり、受験を終えた今、担任助手をするに至りました。誰でも可能性は無限大です。東進生の可能性を最大限に引き出し、皆さんと共に頑張って参りますので、宜しくお願い致します!
吉田 陵平 くん 電気通信大学 情報理工学部
横浜市立東高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール鶴見校 OB
吉田 陵平 くん 電気通信大学 情報理工学部
担任助手として一言
こんにちは!鶴見校担任助手の吉田です!高校生というのは今後の自分の将来を決めるのにとても大切な期間です。その中でも大学受験はとてもフェアな戦いであり、自分の努力しただけ自ずと結果がついてきます。そしてこの大学受験は将来の自分の方向性を決める大きな分岐点です。また、これからの人生を決めるのは自分自身なので、将来の展望が明確に決まっている人はもちろん、そうでない人もまずは大学受験を通して自分の限界を突破するような努力をして最高の結果を掴み取り、実りある将来に繋げていきましょう!!
古川 真子 さん 東洋大学 文学部
横浜市立みなと総合高校 卒 水泳部(マネージャー) 東進ハイスクール鶴見校 OG
古川 真子 さん 東洋大学 文学部
担任助手として一言
みなさんは受験に対してどのようなイメージがありますか?おそらくほとんどの人がとても大変で辛いものというイメージがあるのではないかと思います。しかし受験は、自分自身を大きく成長させることのできる大きなきっかけであり、新しい自分へと変わるチャンスです。自分自身と真剣に向き合い、新しい自分に変わるための第一歩を踏み出してみませんか?みなさんが受験を終えた時に受験をして良かったなと思ってもらえるよう、私たちも全力でサポートをしていきます。一緒に頑張りましょう!
橋本 実衣 さん 東洋英和女学院大学 国際社会学部
神奈川県立住吉高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール鶴見校 OG
橋本 実衣 さん 東洋英和女学院大学 国際社会学部
担任助手として一言
こんにちは。鶴見校担任助手の橋本実衣です。皆さんは何か一つのことを頑張り続けることを経験したことはありますか?一つの目標に向かって頑張り続けることは簡単なことではないと思います。ですがその目標を達成できたとき、やり切った人にしか感じられない達成感やいろいろな感情があります。私は部活動と受験を通し経験しました。東進ハイスクールには、目標を達成するためにサポートしてくれる人がたくさんいます。仲間もいます。ぜひ東進ハイスクール鶴見校で、一つのことについて全力でやり遂げる経験を私たちと一緒にしてみませんか?全力でサポートしていきますので、受験という機会で頑張っていきましょう!

校舎イベント紹介

塾内合宿

塾内合宿

塾内合宿は鶴見校でもっとも盛り上がるイベントの一つです。長時間かけて勉強することで自らの限界を突破し、集中力を養うことを目標としています。単語や文法を覚えたり、大学の過去問にチャレンジしたりと眠気を感じさせないほど内容が充実しています。また、担任助手の受験期の話を聞く「合格報告会」では、普段聞きたくても聞けない受験の不安や悩みを解消し、受験勉強に向けてやる気を上げる生徒がとても多いです。毎回塾内合宿の告知を楽しみにしている生徒もおり、率先して学習することで、周囲に刺激を与える集団として鶴見校を牽引しています。塾内合宿後も生徒同士がライバルとして集中力を切らすことなく勉強をしています。

センター試験第2問対策勉強会

センター試験第2問対策勉強会

鶴見校オリジナルイベントです。基礎の部分でありながらなかなか得点を取りにくい第2問を徹底的に演習することで、自分が今まで覚えてきた知識を正確にアウトプットできることを目標としています。また、演習時間を本番同様に設定することで「限られた時間内で正確に解ききる」という意識づけを行うことで、試験本番や模試でも力を発揮できるように工夫をしています。参加した生徒からは「実戦に即していてためになった」「どのくらいの時間で解けばいいのかわかった」「(参考書などを)みれば分かるでは駄目で、問題文を見た瞬間に思い出せるまでやりきらないといけないことがわかった」など、自分が思っていたこととのギャップを認識することが出来るという声が多くあげられ、毎回自習室がほぼ満席になるほど大盛況なイベントとして鶴見校で定着しています。

センター数学分野別勉強会

センター数学分野別勉強会

鶴見校オリジナルイベントです。ベクトル、二次関数など毎回演習する分野を決めて、演習をしていきます。センター試験の数学もいかに短い時間でたくさんの問題を正確に解いていくかが鍵になりますので、この勉強会を通じてどの程度のレベルの問題をどの位の時間で解いていかなければならないのかが把握でき、毎回確実に参加者が増えています。またセンター試験レベルは基礎レベルの問題がほとんどですので受験学年だけでなく非受験学年も参加をし、学校の授業の理解度を測るのに役立てています。「みんなでやることで集中できた」「時間を意識することが出来た」「基礎を理解するとセンター試験の問題が解けることが実感できた」など、毎回数学を得意科目にしたい生徒達で自習室が熱気に満ち溢れるイベントです。