直前期の過ごし方(内部生向け)~中村~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2021年 1月 7日 直前期の過ごし方(内部生向け)~中村~

皆さん共通テスト当日まであと何日かご存知ですか?なんと残り9日です。

コロナ渦で共通テスト実施すらも怪しい状況でしたが共通テストは実施されるみたいですね。今年は特に感染対策をした上での受験となりますので例年とは違った雰囲気での受験になることでしょう。

さて、そんな受験生の直前期におすすめな勉強法を二つ提案します。参考までに…

1週間前に本番と同じ時間割、配分を意識して過去問を使用した演習をする

残りの期間で一番得点アップが望める科目の点数を上げる演習をする

この二つを推奨します。は本番と同じ時間割で問題を解くことで本番を想定したシュミレーションができます。いわば予行練習ですね。なんでこれをするといいのかと申しますと、例えばお昼をガッツリ食べ、次の科目に眠気で支障があった場合自分の実力を十分に発揮することが出来ません。これを本番前に分かっていたら、当然対策しますよね。対策案としては一度に食べていたものを休憩ごとに分けて食べ、満腹中枢からなる眠気を軽減させるなどが挙げられます。

はもう残り日数が少ないにも関わらず、焦りもあってか物の優先順位をつけずに色々なものに手をだし、結果全部中途半端になるという受験生が陥りやすい現象が起こります。なので時間帯効果が高いものから優先に学習することが直前期だからこそ重要になってきます。

ぜひこの二つを取り入れてみてください!