学校の授業の使い方【内部生向け】 | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2021年 5月 17日 学校の授業の使い方【内部生向け】

こんにちは!鶴見校担任助手の福島です!

今回は「学校の授業の使い方」を話していきたいと思います。

 

東進はインプットが早期に終わるという特徴がありますよね。

公立高校出身の僕は数Ⅲや理科科目の授業が終わるのが夏休み前後だったので既にインプットが終わった状態での授業でした。

そのため学校の授業はずっと授業で扱っている単元の復習、演習をしてました!

学校の授業って割と深くその単元を深く掘り下げてくれるので「あ~そういえばこんなのやったな~」ということが結構起きます。

これ、結構ためになります。

勉強したことは忘れていくのが常なので、忘れては思い出し、忘れては思い出しの繰り返しです。学校の授業だからと適当に受けずに自分の為になる学習をしましょう!!!!

これはほんの一例です。本当に大事なのは無駄な時間をいかに減らせるかです。効率のいい勉強を続けていけば結果は後からついてきます。努力した分100%身になるわけではないですが、勉強しないと結果はついてきません。

あきらめずに頑張りましょう!!