受験校を決めよう! | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2021年 10月 4日 受験校を決めよう!

こんにちは!担任助手1年の小山優月です!

 

10月に入りだんだん過ごしやすい季節になってきましたね~

10月、、、ということは、大学入学共通テストまであと3ヶ月ちょっと。多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれですが、受験は刻々と迫ってきます。

 

本日は受験校についてお話ししたいと思います。

 

受験生の皆さん、第一志望校をはじめ何校かは受験する大学を決定してはいるけれど、すべりどめ校まで全て決めているという人は少ないのではないでしょうか?

過去問対策をする必要があるので、この時期に時間をとって自分が受ける可能性のある大学の入試情報を調べておくことをおすすめします。

 

調べる上で重要だと思う点をいくつか紹介します!

 

①入試日程

私立大学は特に2月中旬くらいまでに入試日が集中しています。受験校の日にちを確認して並べてみたら、試験日が被っていた、あるいは連続しすぎていて受けられそうにない、なんてこともあるかもしれません。

実際私も試験日が連続しすぎてしまった為に受ける学部を変えた大学がありました。(戦略的に仕方無かったんですけどね)

 

②過去問の傾向を知る

大学によって、出題形式は大きく異なります。さらには同じ大学でも学部によって形式が違うこともあるんです。

過去問を解くなり見るなりして傾向と解きやすさをチェックしましょう。自分と入試問題の相性の良さって結構大事です!

 

③受験科目と配点を確認

入試要項などを見て、受験に必要となる科目を配点をいま一度確認してみて下さい。

例えば文学部を受験する場合、現代文だけで受験できる大学もあれば現古漢すべて必要になる大学もあります。対策が大きく変わりますよね。

また、英語・国語・地歴公民または数学で均等配点だったり、英語だけ得点が2倍になる配点の大学もあります。

得意科目を生かして自分に有利な受験にするためにも、これらの点に注目しましょう!

 

以上、参考にしてみて下さい~!