校舎からのお知らせ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

校舎からのお知らせ 

2019年 9月 15日 本日、高3生の入学が〆切になります!

高3生の入学締め切りが

本日まで

となっております!!

もし、高3生でご入学の検討をされている場合は

本日の閉館時間帯(18時)までに

下記番号にお電話の上ご来訪ください!

0120-876-104

鶴見校でお待ちしております!

2019年 9月 14日 理想の大学生~岸井~

こんにちは!担任助手1年の岸井です!

突然ですが、大学生になったら何をしたいですか?

これは昨年、グループミーティングで担任助手にされた質問です

私は髪を染めてピアスを開けたいって答えた気がします(笑)

「大学生=自由」というイメージだったので

高校の校則で禁止されていることをやりたいと思ってました

夏も終わり気持ちが一段落つくこの秋の初め

様々な気持ちが彷徨っている人も多いと思います。

そんなときこそ自分の将来について考えなおしてみてください

自分がなりたい自分になっている姿を想像するとわくわくしますよね!!

勉強のモチベーションも上がると思います!

自分の志望校や気になっている大学について、

もう一度よく調べてみたらいいのではないでしょうか

 

~お知らせ~

高3生の入学締め切り

明日まで

と迫っております!!

どうしようか考えているそこのあなた!

まだ間に合います!

今すぐ下記番号にお電話を!

0120-876-104

鶴見校でお待ちしております

 

 

2019年 9月 13日 答案はラブレター?~高橋~

こんにちは担任助手二年の高橋です!

なんだか涼しくなってきましたね~季節の変わり目なので体調には気を付けてくださいね!!

さて、受験生の皆さん、九月も半分が過ぎようとしていますが

過去問にはもう手を付けていますか??

いきなり第一志望の過去問を解くのは大変かと思いますが、めげずに取り組むことは大切です!

 

そこで、今回はなぜ過去問を解くことが大切で、みんなが口をそろえて過去問を解け解けと言うのかお話ししようと思います。

 

そもそも、大学受験の答案は好きな人に贈るラブレターと一緒です。

ふざけているわけではないですよ(笑)

 

まず、好きな人に思いを告げたいと思ったとき、その相手のことをとことん知ろうと思いますよね!

過去問は、その大学が今までどのような問題を出してきたかを知る一番の近道です。人によって性格が違うように、大学によっても問題の傾向は様々です。だからこそ、自分の志望校の過去問をより多く解いた人ほどその大学のことを知ることになり、有利な立場になるわけです。

しかし、知るだけでは足りませんよね。自分なりに分析して、間違えたところは直す必要があります。間違えた問題は、どうして間違えたのか・どうすれば解けたのかを考えて、もう一度解いたら解けるようにするのがベストだと思います。

そして、意外と重要なのが記述力です!

当たり前ですが、ラブレターを白紙で渡すことなんてあり得ないですし、書くからには気持ちを込めてどうしたら相手に伝わるかを考えて書きますよね?同じです!!問題を解くときに、たとえ分からないとしても自分がわかる範囲で書くことはとても大切です(部分点がもらえるかもしれません)。また、採点者に伝わるように記述しなければなりません(説明が足りなくて減点されるかもしれません)。自分の基準で省略して記述するのは危険です!

東進の過去問演習講座は添削がついていますよね!!これを活用しない手はないでしょう!!自分の言葉が採点者に正しく伝わるか、を第三者からの視点で見極めてくれるのですから!!しかも、同じ問題を3回も添削してくれるなんて豪華だと思いませんか!是非存分に活用してほしいと思います!!

また、おまけですが、ラブレターは丁寧な字の方が好感度は高い、、、はずなので答案を作るときもきれいな字と言うよりは丁寧な字で書くことも心のどこかに置いておくといいと思います!

 

みなさんが第一志望としている大学は沢山の人からラブレターを渡されると思いますが、誰にも負けない自分なりのラブレターを渡せるように今のうちから準備しておきましょうね!応援しています!!

 

2019年 9月 12日 東進模試の魅力~橋本~

こんにちは!担任助手4年目の橋本です。

今日は東進の模試について、書きたいと思います!

 

みなさんは東進の模試を受けたことがありますか?

全国統一高校生テストなどのセンター模試はなじみがある方が多いのではないでしょうか!

東進の模試は、センター形式のものだけではありません!!

 

二次試験対策にもなる記述の模試や、

東大、京大、東北大、九州大などの旧帝大の二次試験と同じ出題形式が出る模試もあるんです!!

 

また模試の種類によっては、試験日から中5日で帳票がスピード返却されるものもあったり、

解説授業でなぜその答えになるのか見ることができ、しっかりと復習もすることができるんです!

単元別の分析もされており、どの分野がどのぐらい足りていないのか一目で分かります。

今後の勉強方針も考えやすくなっていますね。

 

とても魅力が多い東進模試ですが、今の時期だと

9月の記述模試、10月11月の旧帝大模試、12月のセンター模試など様々な模試の申込みが受付中となっています。

東進のホームページから申し込めるので、

ぜひ東進模試を受けてみましょう!

2019年 9月 11日 合格実績~橋本~

こんにちは!担任助手4年の橋本です。

今日は久しぶりに鶴見校の過去の合格実績を載せたいと思います。

今電気通信大学4年生で大学院に進学することも決まっています。

また鶴見校で4年間、今もスタッフとして働いています!

 

吉田さんは、部活と両立しながら勉強をし、東進の夏期合宿などにも参加しました!

国公立入試の前期では、不合格となってしまいましたが、

あきらめず、3月の後期入試まで努力した結果、電気通信大学に見事合格することができました!!

 

最後まで努力することは大切なんですね~。

 

東進では、部活や習い事で忙しい高校生も通っており、毎年多くの生徒が合格を掴みとっています。

東進ならではの高速学習で、スタートが遅れていた生徒も追いつくことが出来ます!

高校3年生の入学締め切りが今週の15日までと迫っています!

今からでも東進は遅くありません!

資料請求やお問合せお待ちしております!

 

鶴見校で大学合格を掴みとりましょう☺!!