2021年7月10日 夏の一日の過ごし方【内部生、外部生向け】 | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 10日 2021年7月10日 夏の一日の過ごし方【内部生、外部生向け】

こんにちは!東進ハイスクール鶴見校の渡辺です。さて、7月も早いものでもう中旬を迎えました。暑くなってきましたね!ばててませんか?これから更に暑くなります。熱中症対策を怠らず、常に万全の状態で勉強ができるようにしましょう!

さて、今回のテーマは一日の勉強スケジュールについてです!校舎で有言実行シートや月間プラン表を書いているので週間、月間の予定は立てられている人が多いですが、

一日の中でいつ何をするか考えながら勉強していますか?

よく見たり聞いたりするのは軽い教科の受講や高速マスター基礎力養成講座をやっているうちに数学などの重い教科の受講が終わらなくなってしまったというパターンです。やりがちですがこの失敗をすると後回しになった教科が重いためリカバリーが難しく、遅れたままずるずる時が過ぎて行ってしまいます。

実際僕もやったことがあります。遅れているとモチベーションも下がってしまうためできる限り回避したいですね。

それを回避する目的も含めた僕の夏の塾での一日の勉強の流れは
①高速マスター基礎力養成講座(10分くらい)
②重い講座(過去問)
昼食
③軽い講座(過去問)
④得意科目の教科書の黙読、音読
というような感じでした。ポイントは①と④です。モチベーションの維持のために導入のハードルはできるだけ下げ、終わりは詰まりにくい勉強をしていました。

勉強のやり方は人それぞれです。自分の最大公立を出せる勉強法は何なのか、必ずよく考えて勉強するようにしてください。勉強時間と同じくらい、勉強の質も大事です。
効率よく受験勉強を攻略して、第一志望校合格をつかみ取りましょう!

過去の記事