辛抱の秋 ~市川~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 4日 辛抱の秋 ~市川~

こんにちは。担任助手1年の市川です。

本日は秋にどうやってモチベーションを保ったか話をしたいと思います。

私の学校、特に私の学年は推薦が多く、最終的に一般受験したのは学年の30%弱でした。今考えても少ないですよね…。

そのため、この時期になると多くの友達が推薦に受かったり、指定校推薦が決まったりしていて学年全体が騒がしかったのを覚えています。

そのような友達が教室内で遊びに行く計画を大声で建てたりとあまり受験学年らしくない雰囲気がありました…。

そんな姿を見ていると、受験勉強が辛すぎて

私も妥協して指定校推薦にしたかったな…。」

などという考えがよぎっていました。

勿論今は一般受験してよかったなと思っていますよ!!

一般受験して良かったと思う点はまた後日書きますね。

 

話を戻して…

私がこのような状況の中でモチベーションを保った方法を幾つか紹介したいと思います。

 

①自分の志望校に行きたい気持ちを思い出す

勉強をしているうちに勉強することが目的になってしまいがちです。今一度その気持ちを思い起こしましょう!

 

②受験終わってからやりたいことを書き出す

私はこの方法をよくやっていました!受験を最後まで走りきってハッピーな気持ちでやりたいことやるぞ!というのを決意してもうひと踏ん張りしてました。

 

③志望校に受かった姿を想像する

夢のキャンパスライフを想像して、「その想像を現実にするぞ!」と自分を奮い立たせましょう!

 

どうしてもこの時期は心が折れがちですが、ここを乗り切って最後まで走り抜けましょう!