歴史を楽しむ ~市川~ | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2020年 10月 8日 歴史を楽しむ ~市川~

こんにちは!担任助手一年の市川愛菜です。最近いきなり寒くなったので着る服がなくて困っています…。

 

さて、今日は歴史について話していこうと思います。

私は受験生時代、日本史を選択し”一応”得意科目でした。

ただ、受験勉強自体のスタートが高三の春からとかなり遅かったためもっと時間があれば詰められたのになと後悔しています…。

 

それでは何故私が日本史を得意で、好きだったかを説明していきたいと思います。

 

まず、私は元々父の影響で大河ドラマを観たり歴史の本を読んだりしていて

歴史に興味関心を持っていました。

私の場合、この部分が勉強に生かされたと感じています。

勉強、特に暗記科目は興味関心がないと覚えられず、すぐに忘れてしまいます。

苦手意識を持っている人は興味を持てる時代、テーマなどを探してみましょう!!

そうすると、歴史全体に興味が湧いてくると思います。

 

次に、歴史を立体的に捉えることです。

歴史を”暗記教科”などとして勉強するのではなく、一種の物語として壮大なノンフィクションを読む感覚で勉強することが楽しく勉強するコツです。

また、歴史は私たちが生きる現代まで繋がっているという感覚を掴むことも大切です。

歴史を身近に感じられれば、歴史が好きな教科になる日はすぐそこです!

 

特に低学年の生徒は受験生と比べて時間があります。

今のうちに様々な本、博物館、大河ドラマなどに触れて興味関心を養いましょう!

 

個人的には東京博物館の特別展がおすすめです。興味のそそられる展示が多く行われていますよ!

今は桃山時代の展示が行われています!

その次は鳥獣戯画の展示が行われるそうです。今から楽しみでワクワクが止まりません。

 

校舎では一日体験などを行っております!また、今月の25日の全国統一高校生テストの申し込みも受け付けております

 

お気軽にお問い合わせください!