春休みの使い方【新高1向け】 | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2021年 3月 19日 春休みの使い方【新高1向け】

こんにちは!担任助手1年の村上です!

3月も中旬が終わり、下旬に入りかけていますね。最近はお昼が暖かいですよね。夜は寒いので厚着をしていくのですが、お昼は暑いくらいです。

 

 

さて今回は春休み(受験休み)の使い方についてお話ししたいと思います。

新高1の皆さんは、どのように春休みを使っていますか?中高一貫校の子はいつもどおりの春休みとして過ごしているかもしれません。気を付けてほしいのは中高一貫ではなく、新しい高校に入学を決めた皆さんです。卒業式も3月の初めのほうにあり、今の時期は既に春休みだと思います。そろそろ高校に教科書を買いに行ったり、高校から春休みの宿題をもらったりしているのではないでしょうか?

 

受験が終わり、今までできなかったことをしたり、遊んだり、やりたいことはいっぱいあると思います。もちろん受験終わった直後の1週間程度は勉強のことを忘れて休んでもいいと思います。しかしその生活、いつまで続けるつもりですか?もちろん宿題が出たから、宿題はやっとくでもいいのかもしれませんがそれで満足してもいいのかは今一度考えてみる必要があると思います。先ほどから中高一貫について触れていましたが、中高一貫の子たちは先取りで高校範囲にすでに触れています。そしてこの春休みも勉強しているのです。大学受験で戦う相手に今この瞬間にも差をつけられているということに危機感を持つことも重要です。私は公立中学校から公立高校へと進みました。そのときの受験休み、遊んでいました。でも今思えばとてももったいなかったと感じています。配られた参考書に手を付けてみるなどできることはたくさんあったはずだと今更ながら後悔しています。いまこの文章を見ている皆さんは春休みをどうしたらよいかを考えるきっかけが得られたのではと思います。この後どのように春休みを実際に過ごすか…。それは皆さん次第です。素敵な高校生活のスタートダッシュを切ってほしいと思います。どこの高校でもだいたい入学式直後に高校で行われる模試があると思います。模試では校内順位が出ます。 入試の試験の点数で自分は上位そうなのではと思っていても模試で現実が分かってしまうかもしれません。お気を付けくださいね。

 

そんなこと言われたって春休み、何すればいいのかわかんない!という方も多いと思います。そんな時は東進の新年度招待講習を使ってみてはいかがでしょうか?高校の勉強を知るいい機会にもなると思いますよ!

 

 

鶴見校では公開授業を実施します!座席に限りがありますのでご予約はお早めに!!インターネット、お電話にて受け付けております。ご参加、お待ちしております。下の画像をクリックするとお申込みできます。