内部生向け この時期に考えておくべきこととは! | 東進ハイスクール鶴見校|神奈川県

ブログ

2021年 3月 15日 内部生向け この時期に考えておくべきこととは!

こんにちは!担任助手の松田です!!

今日のテーマは、この時期に考えておくべきこと!受験期に後悔を残さないように、今から何を考えるべきなのか、私なりの考えを共有させていただきます。

まず、大事なことは、勉強に目標づけをすることです。

例えばですが、『今日はとりあえず英語を勉強しよう』と思って勉強をしている生徒と、『今日は単語力を、高速マスター基礎養成講座の2ステージ分をクリアできるくらい伸ばすために勉強をしよう』と思って勉強をしている生徒、どちらがより成績が伸びやすいと思いますか。

今年の受験生を見てもそうですが、目標を持たずに勉強すると、漫然と時間を浪費しがちだと思います。なぜなら自分が何を勉強すればいいのかわからず、また自分が今日学力を伸ばせたのか、意味のある勉強をできたのかも確認できないからです。皆さんは、自分の勉強に対して目標づけが出来ていますか。おそらく皆さんの中でも、今何をするべきなのか明確でない人が多いと思います。

目標を付けるために必要なことは、全体像を明確にすることだと思います。

最終的にどうなっていたいのかが明確でないと、自分が今何をするべきかを考えることはできません。

そこで、受験生になったときに、何をするべきなのか、どうなっていれば理想なのかを、考えてみましょう。例えば、受験生になってからは演習を中心に勉強するのが普通です。自分が志望する大学の過去問を解くこと、あるいは過去問をある程度解けるようになるために、問題集を解くことも多くなるでしょう。応用力は、繰り返し解くことによって、ようやくみにつくものだと思います。受験生になって、問題集を解けるレベルになるためには、今何をするべきだと思いますか。

必要なことの一つとして、基礎力が挙げられるでしょう。

英語ならば、英単語や英語の文法がしっかりと身についていなければ、長文読解など解けるはずもありません。

このように、全体像から逆算して、今何をするべきなのかを考えることが出来れば、効率的な勉強をすることが出来るのではないでしょうか。

 

具体的な効率のいい勉強方法については、以下の公開授業で学べます。ご興味があればぜひ!