共通テスト~私大入試まで 現代文の勉強法!!~井上編~ | 東進ハイスクール 鶴見校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 6月 23日 共通テスト~私大入試まで 現代文の勉強法!!~井上編~

皆さんこんにちは!1年担任助手の井上です~

本日も鶴見校の空は青々と輝いています!

しかしここまで暑くなってくると熱中症には気をつけたいですね(笑)

僕はたまに水分補給を忘れてしまうことがあるので

皆さんはこまめに水分を摂りましょう!

 

さて本日は、

共通テスト~私大入試まで使える

現代文の勉強法

についてです。

突然ですが、次の設問をご覧ください。

これは今年の共通テスト現代文の問題から抜粋したものです。

こちらの設問は「それはどういうことか。」と聞かれているので、

言い換えの問題になっていますね!

実は共通テストや私大入試に出てくる現代文の問題は

小説や評論に関わらず、

このような言い換えの問題が多いんですよ!

すなわち言い換えの問題を極めれば

現代文が強くなるとも言えると思います。

 

しかし、実はこういった言い換えの問題には

作問者のひっかけが選択肢の中にたくさん潜んでいて、

選択肢を吟味しているだけではどれが正解なのか

非常に迷ってしまいます。。

 

では、どうすれば言い換えの問題が解けるようになるのか、、

それはずばり「自分の答えを先に持つ」です!

 

設問を読んだら、いきなり選択肢を見るのではなく

まずは問題文に戻って傍線の前後の文から

自分で傍線部を言い換えてみましょう!

そのときに使えるのが接続詞(つまり、すなわち等)です。

 

自分なりに答えを導き出すのには練習が必要ですが、

これができるようになれば選択肢の罠に

ひっかかりにくいですし、

設問を解くスピードもおのずと速くなるはずです!!

ぜひここを意識して参考書や過去問を解いてみてください!